株式会社リンググローバルソリューション

グループサイト

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
  • お問い合わせ・資料請求
  • TEL:03-6867-0071
  • JAPANESE
  • ENGLISH

SEMINAR セミナー

2016.08.31

上海開催
「日中間・異文化コミュニケーションワークショップ」

近年、「駐在員だけでなくナショナルスタッフ向けにも研修できないか」とか、「赴任前のマインドセットだけでなく、着任後に直面するリアルな課題解決に向けての研修ができないか」等のご相談を受ける機会が増えています。
この様な背景から、このたび現在日本企業が駐在員を最も多く派遣している中国・上海で、日本人駐在員および現地ナショナルスタッフ向け異文化コミュニケーション研修を、異業種合同の公開型で開催することとなりました。駐在員が赴任後、実際に抱えている課題を異文化コミュニケーションの観点で解き明かし、ナショナルスタッフと共通言語を持つことが、駐在員のパフォーマンスと現地拠点の成果を高め、自社のグローバル化を推し進める鍵となるでしょう。

  • 講師紹介

    曹 素真

    Cao Suzhen

    曹 素真

    早稲田大学政治経済学部卒。
    英国留学経験があり、日英中での講義が可能。アジア諸国や中国を、異文化研修の枠組みの中で、どう読み解くか―そのバックグラウンドを生かした細やかな分析、示唆には定評がある。

  • 講師紹介

    ミシェル・リー

    Michelle Li

    ミシェル・リー

    豪州メルボルン大学卒。
    オーストラリア最大の量販店でスーパーバイザー業務に従事。2011年に来日、群馬県内で地域の国際化支援で活躍。現在、㈱リンクグローバルソリューション専任講師として、プログラム開発にも携わる。英日中での講義が可能。

概要
目的 ○現地拠点で実際に起きている問題を異文化コミュニケーションのフレームワークと照らし合わせ、課題と原因を抽出し整理する
○駐在員の悩みや自身の課題を同じ立場の駐在員同士で共有し、違う視点でアドバイスしあうことで解決に導く
○日中間の「異文化コミュニケーション」の壁、双方の「暗黙の前提」を見える化し、自組織活性化に向けたヒントを炙り出す
○駐在員とナショナルスタッフの間で「共通言語」「共通のフレームワーク」を共有し、自組織のコミュニケーション課題を自立的に解決するためのヒントを職場に持ち帰る
内容 ● 中国での異文化マネジメント/コミュニケーション課題感の共有
● 自身のマネジメント/コミュニケーションスタイルのセルフチェック
● 異文化コミュニケーション(MAP)の重要性の再確認
● 異文化コミュニケーション(MAP)を活用した中国人との協働・コミュニケーション方法を考える(レクチャー+ダイアログ)
● 自身のマネジメント/コミュニケーション改善アクションプラン立案
● 異業種交流・懇親会(立食形式)
対象 中国現地法人に駐在している日本人赴任者(半年以上の業務経験があれば望ましい)
日本人駐在員や日本本社と協働することが多い中国人スタッフ(日本語で業務上の会話が可能な方)
日程 2016年10月28日(金)9:30~18:30【中国・上海】
2016年10月29日(土)9:30~18:30【中国・上海】
※同内容で2開催。いずれかの日程をお選びください。
時間 9:30~18:30(懇親会含む)※プログラム終了後、30分程度の懇親会を実施予定です。
会場 梅龍鎮広場 West Gate 19階 1908B-1909号室
上海市南京西路 1038号(南京西路駅より徒歩10分)
  • 詳細はこちら[PDF]
  • お申し込みはこちら

無料体験セミナー&公開型研修情報一覧に戻る